保育の様子

教育のめあて

ぬるみず幼稚園は、学校教育法にしたがって幼稚園教育を推進し新しい時代に対応できる幼児の育成を目標としています。
これからの時代を生きる子どもたちの生活や意識を配慮し、生涯学習のためのしっかりとした基礎を培うことに観点を置いています。
教育を基本として幼児期にふさわしい生活の展開と遊びや実体験を通して優しく美しい感性を育て幼児一人ひとりの特性に応じた指導を行うことで心豊かな人間を育成し子育ての支援と預かり保育の充実を図り、家庭、地域、社会の発展に貢献できるよう努めます。

教育目標と人材育成目標について

教育目標

・健康で明るいのびのびした子ども
・自分のことは自分でする子ども
・だれとでもなかよくする子ども
・みずから考え、みずから気づく子ども

教育内容

・たくましい心とからだを育てます。
・豊かな感性を大きく育てます。
・創り出す喜び、働くことの尊さを育てます。
・豊かな自然の中に学び、学ぶ力を育てます。
・身近な人達と親しみ、支え合い、自立心を育てます。

オープンシステムによる保育活動

「プレイデイ」「ちびっこプレイデイ」
これらの教育内容を達成するにあたり、自発的な活動を展開する過程で年令、クラスをオープンにし、落ちついたゆとりある保育の中で幼児の自主性と豊かな人間関係を培う「遊び」や「活動」を導入し、総合的指導を行っています。
また、色々な体験や、遊びを通して学年・学級をこえた友だちづくりを目的とした「プレイデイ」・「ちびっこプレイデイ」を設けています。

ファミリークラス

男女参画社会に伴い、両親共にお仕事を持つ家庭が増えてきました。
「子どもに幼稚園教育を受けさせたいが、保育時間が早くて困る」というご意見をもとに、ぬるみず幼稚園ではご家庭に代わってお子様を時間外保育し、支援する「ファミリークラス」制度があります。

ふれあい活動

新しい時代に活躍する子どもたちにとって、世代をこえたふれあいと幼児期からの社会感覚は大切な経験となるでしょう。
ぬるみず幼稚園では、幼小交流をはじめ地域交流活動にも力を注いでいます。

メニュー